お金借りる申し込み手順の4つの方法を解説します

MENU

お金借りるときの基本的な申込手順

実際に消費者金融や銀行カードローンに申込む場合は、おおむね次のような流れで融資を受けることになります。

  1. インターネットからカードローンの申込み
  2. カードローン審査の開始
  3. 審査結果の回答連絡(および、申込み意思)の確認電話
  4. キャッシングの手続き
  5. 現金の受取り
インターネットからカードローンの申込み

お金借りる,申込手順


まず消費者金融や銀行からお金を借りるためには、ローンの申込み手続きが必要です。
カードローンの申込みは、郵便や店頭窓口で受付られていることもありますが、通常は「インターネット申込み」を選ぶと思います。

 

パソコンやスマートフォン、タブレット端末、携帯電話などで申し込めるようになっています。
消費者金融や銀行のホームページからカードローンの申込みを行ってください。

 

なお、カードローンの申込み手続きでは、仕事や住居、その他の細かい情報について答えるようになっています。
自分の年収や勤続年数、他社借入残高などで、ついついウソの情報を伝えたくなるかもしれません。
でもここではすべての項目について正直に答えるようにしてください。

 

カードローンの申込み時のウソは、バレることがほとんどです。
審査落ちとならないためにも、今の自分の状況を正確に伝えることを心がけることが大切です。

カードローン審査の開始

お金借りる,申込手順


カードローンの審査は、申込みが完了した順に行われます。

 

審査にかかる時間は、下記のようになっています。

早い場合(大手の消費者金融など)・・・30分~1時間

時間のかかる銀行の場合・・・数日~1週間

多くの人が、融資を受けるまでの希望の時間(期間)でカードローンを選んでいると思います。
早くお金を受け取りたいときは、できるだけ早めに申込みを完了させることが重要です。

 

「最短30分」で審査が終了するカードローンでも、審査が混雑していて時間がかかる場合があります。
人気のあるカードローンほど、混雑していることが多くなりますので、できるだけ早めに行動することを心がけるようにしましょう。

審査結果の回答連絡(および、申込み意思)の確認電話

お金借りる,申込手順


カードローンの審査が終了すると、審査結果の回答についての連絡があります。
一般的なカードローンでは「電話(自分の携帯電話)」に連絡が入りますが、電子メールを連絡手段としている金融機関もあります。

 

また審査結果の回答連絡と合わせて、最終的なカードローンの申込みの意思確認をしている場合も多くなります。
金融機関からの電話が入った場合は、必ず電話に出るようにしてください。

 

いつまでも金融機関からの電話に出ないでいると、「連絡がつかない」という理由で審査に落ちてしまうこともあります。
審査結果についてのお知らせを受けるだけですので、何も心配せずに電話に応対するようにしましょう。

キャッシングの手続き

お金借りる,申込手順


カードローンの審査の手続きと契約手続きが完了すると、限度額の範囲でキャッシングができるようになります。
お金を受取る方法には、大きく提携ATMを利用した「カードキャッシング」「振込キャッシング」の2つがあります。

カードキャッシング

カードキャシングは、受け取ったローンカードを利用した借入方法です。

  • 自動契約機で受取る
  • 自宅に郵送してもらう

かどちらが選べますので、都合の良い方法でローンカードを受取るようにしてください。

振込キャッシング

また自分の銀行口座に振込をしてもらうことも可能です。
金融機関の会員専用サイトにログインして、振込手続の依頼をするだけで済みます。
しかしこの方法は、平日の日中でなければならないなどの時間的な制約がありますので注意してください。