お金借りる場合の年齢や収入に関する必要条件とは

MENU

お金借りるための必要条件とは?

お金借りる,必要条件

自分がお金を借りれるかどうかが不安なときは、「お金借りるための必要条件は?」と考えてしまいますよね。カードローンの審査にとおるかどうかは、審査を受けてみないと分からないものです。

 

ただし、消費者金融や銀行カードローンのホームページを見ると、「申込条件」という説明があります。つまり、金融機関が示している「申込条件」を満たしているなら、お金借りるための必要条件を満たしていると考えてもいいのではないでしょうか。

 

年齢に関する必要条件

まず、どの金融機関もそうですが、必ずといっていいほど年齢に関する条件が記載されています。
年齢に関する条件を見る場合は、自分が年齢の下限と上限の範囲内にあれば必要条件は満たしていることになります。

 

年齢の下限に関する条件について

お金借りる,必要条件

年齢の下限に関する条件は、おおむね「20歳以上」としているカードローン会社が多いです。
まれに「18歳以上」とするカードローンのサービスもありますが、保護者の同意が必要というのがほとんどだと思います。

 

これは日本の法律(民法)において、未成年者が法律行為をする場合に法律で手厚く保護されているのが理由です。未成年者がお金借りる契約をしたとしても、後から契約したことを取り消すことができるからです。

 

お金を貸す金融機関からしてみると、お金を貸した後に契約取り消しとなってしまうことは最大のリスクとなります。
金融機関が安心してサービスを提供するためにも、未成年者への融資はそもそもしていないか、保護者の同意が前提となっています。

 

年齢の上限に関する条件について

年齢の上限については、65歳から70歳までとしている金融機関が多くなります。
70歳超の高齢者の場合は次第に「働いてお金を返す」ということが難しくなってきますので、やむを得ない部分ではないかと思われます。

 

収入に関する必要条件

お金借りるための必要条件としては、「年収がいくらあればいいか?」という点が気になると思います。
これに関しては、具体的に年収○○円以上なら大丈夫、と言えるものではありません。
しかし消費者金融の「総量規制」については、理解しておいたほうが安心です。

カードローンの総量規制とは?

お金借りる,必要条件

カードローンの総量規制というのは、貸金業法という法律で「年収に対する一定割合以上の貸付が禁止されている」ことです。分かりやすく言うと、総量規制対象のカードローンでは、自分の年収の3分の1超のお金が借りられないということです。

 

たとえば自分の年収が300万円ある場合なら、年収の3分の1が100万円になります。
消費者金融からの貸付は、「最高でも100万円まで」になるということです。

 

このときの「年収の3分の1」は、消費者金融ごとに計算するのではありません。
すべての消費者金融からの借入額の合計が年収の3分の1を超えてはならない、という意味になっている点を間違えないようにしてください。

年収の3分の1超のお金を借りるには?

お金借りる,必要条件

もし、年収の3分の1超のお金が必要なときは、総量規制の影響がないカードローンを選ばざるを得ないことになります。

 

総量規制は、貸金業法が規制している「消費者金融」や「クレジットカード会社」に影響しています。
貸金業法は、銀行を規制する法律ではありませんので、必然的に銀行カードローンが総量規制対象外ということになります。

 

つまり、今の日本の法律では、年収の3分の1を超える貸付は、銀行でなければできないということです。
高額融資が必要になっている場合は、消費者金融ではなく高額融資が可能な銀行のサービスから選ぶようにしましょう。

お勤めをしていない専業主婦の注意点

お金借りる,必要条件

お勤めをしていない専業主婦がお金借りる場合は、総量規制対象外であるとともに「専業主婦も利用できるか?」という点を確認しなければなりません。

 

すべての銀行カードローンが専業主婦に融資しているわけではありません。
そのため専業主婦が利用できる場合と利用できない場合とがあるからです。

 

なお一般的な専業主婦への融資は、30万円~50万円が上限額になっていることが多くなります。
必要としている金額と融資の上限額についても十分に検討するようにしましょう。