お金借りる時に用意する必要書類とは何かを解説します

MENU

お金借りるときの必要書類について

消費者金融や銀行カードローンでお金借りるときは、

  • 「本人確認書類」
  • 「収入証明書類」

の2種類の書類が必要になります。
収入証明書類については、提出不要となる場合もあります。
用意するのが難しい場合は「どんな時に必要になるのか?」を理解しておくと安心です。

 

お金借りるときの本人確認書類について

お金借りる,必要書類

お金を借りるときに必ずといっていいほど必要になるのが、本人確認書類です。本人確認書類は、カードローンの申込みをした本人であることを証明するための公的な書類のことです。

 

一般には、「運転免許証」が本人確認書類として利用されています。免許証の交付を受けていない方は、「パスポート」「個人番号カード(マイナンバーカード)」などでも申込み可能です。

 

健康保険証は注意

また「健康保険証」を本人確認書類として選びたい人もいると思います。健康保険証などの顔写真がない書類の場合は、住民票、戸籍謄本、公共料金の領収証などの補完書類も必要になります。
本人確認書類の説明は、カードローン会社の公式サイトでも説明がありますので、十分に確認をした上で申込手続に入るようにしましょう。

 

収入証明書類とは?

お金借りる,必要書類

収入証明書類というのは、自分の年収を証明するためのものです。

  • サラリーマン(会社員)やアルバイト、パート勤務の方なら「源泉徴収票」
  • 個人事業主の方は、「確定申告書の控え」

などが収入証明書類になります。ただし、収入証明書類については、お金を借りるときに絶対に必要になるというものではありません。

 

消費者金融のカードローンに申込む場合は、

  1. 希望額が50万円を超えているとき
  2. 他の消費者金融との借入残高の合計額が100万円を超えるとき

の2つの場合に必ず提出することになっています。

 

これに対して銀行カードローンの場合は一律で決められているのではなく、銀行ごとの基準で提出が求められます。
100万円以下の希望額で収入証明書類が必要になることは少ないですが、最高で「300万円まで収入証明書なし」というカードローンもあります。

 

収入証明書類については、希望額が300万円以下なら書類不要で申し込めるカードローンがあります。
収入証明書類の用意が難しいときは、書類不要のカードローンを見つけるのがポイントです。